NEWS

不用意な友達リクエストの承認に注意

shotai_1029_04

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は10月28日、海外のSNSから届いた友達リクエストを承認した結果、Googleに保存されている連絡先に対して自分名義で招待メールが送信されるという相談が急増していると発表した。

IPAによると、「友人からの友達リクエストと思しきメールが届いたので承認をしたがその後、Googleの連絡先に登録しているアドレス宛に自分の名義で同様の友達リクエストのメールが拡散されたようだ」といった趣旨の相談が寄せられ、同様の相談が10月1日から10月23日までの間に39件と前月の件数11件を大幅に超えて3倍以上に増加している。

このような招待メールは、各ネットサービスの”サービス連携”機能によって海外のSNSが送信した招待メールであり、海外のSNSから求められたサービス連携を許可してしまうと同時にGoogleの連絡先へのアクセスを許可してしまうということだ。

 

この問題に際し懸念されるのは組織のメール機能をGoogle Appsで利用している場合だ。不用意にサービス連携を許可してしまうことで、組織内で使用している連絡先情報等が不正に読み取られて自組織名義の招待メールが送信されてしまう。

flipora_03

加えて、その招待メールが取引先に届いた場合に同じようにサービス連携を許可することでメールが拡散、取引先にも損害を与えてしまうことも想定され、場合によっては自組織の信用を損なう可能性もある。

Google Appsを導入している方は個人法人を問わず、くれぐれもご注意いただきたい。

-NEWS

関連記事