iOS NEWS

iOS11.2では特定アプリによる再起動を含む修正が多数

iOS11は修正アップデートの嵐

つい先日からiOS11.2が配信開始となっています。

小数点第1位が変わるときは何らかの新機能が含まれるものですが、今回はApple Pay Cashという機能が追加になるそうで、個人間でApplePayを用いた送金ができるようになるとのこと(ただし米国内のみ)

なおこの機能はリリース時点では項目自体追加されたものの、まだ利用できない状態で数日内に利用可能になるとのこと。

 

リリースしたOSの新機能が数日とはいえ利用できないというのは妙な話ですが、どうやらiOS11.2は予定よりも早く公開されたようなのです。その原因は恐らく、iOS11.1.2に即座に修正が必要なバグがあったためでしょう。

そのバグとは先日話題となった「2017年12月2日以降、特定のアプリを入れていると端末が勝手に再起動する」問題です。リリースノート上では確認できませんが、iOS11.2ではこの問題が修正されていることが確認されています。

---------スポンサードリンク---------

 

その他、iPhoneXを中心とした不具合の修正が多数あった模様です。しかし、修正版としてリリースしたはずのiOS11.2では早速一部のiPhoneXにおいてFaceIDが機能しない不具合が報告されています。

この問題は再起動をすることで改善できるそうですがどうにもiOS11以降から不具合の修正アップデートが増えた印象を拭えません。

iOS11が現地時間9月19日に公開されて以降、iOS 11.0.1、iOS 11.0.2、iOS 11.0.3とほぼ1週間ペースで修正アップデートが行われました。

その後ややスパンを開けてiOS11.1をリリースした後も9日後にiOS 11.1.1、更にその7日後にiOS 11.1.2を配信、そして16日後の12月2日にiOS11.2を予定より早める形で配信しました。

---------スポンサードリンク---------

 

ソフトウェアにどうしてもバグが発生するのは仕方のないことですが、更新には嫌でもそれなりの時間を割かれます。それがこうも立て続くとユーザーとしても「またか」とネガティブな感情を抱いてしまうでしょう。iOSに対する信頼が地に近づかないうちに体制の見直しを図ってほしいものです。

<情報元:9to5Mac:(1)(2)

<文:研究員A>

-iOS, NEWS

関連記事