2018年iPhone

2018年のiPhoneはバッテリー容量が10%増?

信憑性の高いKGI証券による予測

Appleの製品動向予測に定評のあるKGI証券のMing-Chi Kuo氏は2018年のiPhoneについて、5.8インチと6.5インチのOLED搭載モデルと6.1インチの液晶搭載モデルの計3つが販売されると見ています。

そして最新のレポートではOLEDタイプについては10%ほどバッテリーの容量が増えるのではと予測しているようです。

今年の目玉となったiPhoneXではバッテリーがL字型となっていることは有名ですが、Kuo氏はこのL字型に改良の余地があると見ています。

5.8インチ用でも2,900~3,000mAhになるとしており、現在iPhoneXが搭載している2,716mAhと比較しておよそ10%増となる見込みです。

この増量分を新たなパフォーマンスに活用するのか、使用時間の延長に活用するのかはApple次第となりますが、ユーザーとしてはやはり電池持ちが長くなることを祈りたいですね。

 

なお、Kuo氏は6.1インチの液晶モデルは低価格での提供を目的としており、iPhone8で採用したガラスバックパネルではなくiPhone7までのメタルバックパネルに回帰しワイヤレス充電は対応しない可能性があるとしています。

<情報元:9to5Mac

<文:研究員A>

-2018年iPhone

関連記事