iPhone情報研究所

iPhone最新情報、iPhoneXの情報も

2018年iPhone NEWS

サムスン、来年はiPhone向けOLEDパネルを1億枚以上出荷予定

2017年の4倍を供給へ

今年の目玉、iPhoneXからついにiPhoneにも採用されたOLEDパネルですが、2018年のサムスンはiPhone向けOLEDを今年の4倍も供給する見込みなのだそうです。

関係者の話によれば、サムスンディスプレイが2018年にiPhone向けに出荷するOLEDの枚数は1億8,000万枚~2億枚を予定しているそうです。

これは2017年の供給量約5,000万枚の4倍に当たり、外部企業が見積もったiPhoneX用フロントパネル1枚あたりの単価が$110とされていることから単純計算で来年のサムスンは(Apple向けOLEDユニットのみで)$198億~$220億もの売り上げを得ることになります。

 

急激な供給の改善の背景には、サムスンの製造ライン「A3」の歩留まりが改善したことがあるようです。今年初頭には60%ほどだった歩留まりは後半で80%を超え、現在は90%ほどになっているのだとか。

この状況であれば年間で2億2,400万枚の6インチOLEDパネルを生産可能ということですから来年2億枚を供給するというのはかなり現実的です。

来年は2タイプのOLED採用iPhoneが登場すると見られているためOLEDの発注が増えるのは納得ですね。Appleはサムスン以外にもLGなどにOLED生産を打診しており、今後はLCDモデルよりもOLEDモデルに注力していくことは間違いありません。

<情報元:TheInvestor

<文:研究員A>

-2018年iPhone, NEWS

関連記事