iPhone情報研究所

iPhone最新情報、iPhoneXの情報も

NEWS

Appleによる意図的な性能低下と訴訟

Appleが故意に古いiPhoneのパフォーマンスを低下させていることを認める

AppleがBusinessInsiderをはじめとする大手ニュースサイトに対するコメントで古い世代のiPhoneに対して意図的に性能を低下させていることを正式に認めました。

これは海外の掲示板Redditで「動作が重たかったiPhone6sがバッテリーを交換したことにより高速になった」という投稿に端を発します。

そしてそのスレッドの反響があまりにも高かったことを受け、ベンチマーク大手のGeekBenchが実際に複数の世代のiPhoneを用意しベンチマークを計測した結果、iOS10.2.1以降のOSではパフォーマンスにばらつきがあることが発覚したのです。しかもiPhoneの世代が古いほどこのパフォーマンスは低下しているようでした。

 

この計測結果は当然ユーザーたちの反感を生み、結果としてAppleは公式にコメントせざるをえなくなったというわけです。

その詳細は以下の通り(意訳)。

私たちの目標は全体のパフォーマンスやデバイスの寿命を延ばすことです。

リチウムイオンバッテリーはその特性上、寒い環境における電流の低下や充電効率の低下、そして経年劣化による電流の低下などによりデバイスが予期せぬシャットダウンを行う場合があります。

そういった状況を防ぐために昨年、iPhone6、iPhone6s、iPhoneSEに対してパフォーマンスを抑制することにより電力不足による意図しないシャットダウンを防ぐ措置を導入しました。

この措置は現在iOS11.2以上のiPhone7にも導入しており、今後はその他の製品についても行う予定です。

さて、理由については「古い機種でも安定して使用できるようにするため」ということ。なるほどユーザビリティの面を考慮したと考えることも出来ますね。

しかし、これは「常に最高のパフォーマンスをするために」iOSの更新を行っていたユーザーにとっては寝耳に水です。この騒動が起きるまで事実を公表しなかったAppleに対して不審感を抱くのは自然なことでしょう。

古い機種のパフォーマンスが低下すれば、多くの人は端末の寿命と捕らえて新たな機種を購入するはずです。まさかバッテリーを交換すれば直るとは思いもしないでしょう。そしてそれは当然ながらAppleの利益に繋がります。

また、Appleは今回のコメントでパフォーマンスを意図的に低下させたのは昨年からと話していますが、スペック的にそれほど劣らない旧端末の動作が遅延する問題はAppleの陰謀であるとする説は数年前から発生しています。

たった1、2年前の端末なのに最高のパフォーマンスを発揮させるためにはバッテリーを交換するか端末を交換するしかありません。本当にこれはAppleが言うとおり、「古い端末を長く使うための措置」なのでしょうか。

 

更にアメリカではAppleが意図的にiPhoneのパフォーマンスを抑制したのは不当として集団訴訟が起こされました。前述のとおり、最新のiOSは最高のパフォーマンスを維持すると考えていたユーザーは少なくありません。この事実をメーカーの責任を果たしていると取るのか、意図的にユーザーに不利益をもたらしたと取るのか、判決に注目したいところです。

ともあれ、iPhone6以降で端末の動作速度が遅いと感じるようになったのであれば一度バッテリーの交換をおすすめします。

<情報元:BusinessInsiderAppleInsider

-NEWS

関連記事