2018年のiPhoneXは売れ行きに暗雲?





iPhoneX

供給が追いついたことが逆効果に?

2017年のAppleが用意していた最も大きな隠し玉であるiPhoneX。iPhone発売10周年の年に発売されたこのこれまでのiPhoneと一線を画す端末は、予約開始後数分で初回出荷分が完売てしまうほどの人気ぶりを見せました。

長らく供給が追いついていませんでしたがつい最近になってやっと翌日には入手できるようになり、Appleとしてもここから更に販売数を上げていきたいところでしょうが著名アナリストの中にはiPhoneXの息は長くないと見る目もあるようです。

アナリストたちがiPhoneXの需要見込みを引き下げたのはこの年末にかけての販売数を受けてのこと。

従来の予測通りであれば供給が追いついた現時点で需要とのバランスがとれ、なお需要が促進されてもおかしくないのですが、残念ながら予測されていた「スーパーサイクル」は発生しなかった様子です。

 

アナリスト側の見方では2018年第1四半期には3,500万台程度の出荷と見込まれていましたが、この件で2,500万台まで見通しを下げています。またApple自身も5,000万台の見込みを3,000万台まで下げたという報道があり、人気か不人気かはともかくとして2018年はiPhoneXにとって厳しい戦いが待っていそうです。

当然この見込みの下落はiPhoneのサプライヤー株価に影響を及ぼします。大方下落してしまっているようですからサプライヤーたちも気が気ではないでしょう。

<情報元:iPhoneHacks

<文:研究員A>