TouchIDでは出来たのに!ある機能でFaceIDが使用できないことがユーザーの不満を募らせている





iPhoneX

ファミリー共有に落とし穴が

皆さんはファミリー共有という機能をご存知でしょうか。その名の通り家族のAppleIDやiOS端末を紐付けることができる機能なのですが、この機能の一部でFaceIDが利用できないことがわかり、一部ユーザーから不満の声が上がっているようです。

 

このファミリー共有の中には「承認と購入のリクエスト」という設定があります。例えば子供が勝手にAppStoreからコンテンツをダウンロードしないように制限をする機能です。

承認するための保護者端末を設定することができ、この保護者端末から承認操作が行われなければ子供はコンテンツをダウンロードできないという仕組み。

 

子供がAppStoreで何かをダウンロードしようとした際には以下の画像のようにリクエストを送信するためのポップアップが表示されます。

 

そして送信されたリクエストは以下のように保護者の端末に表示されます。

そこで保護者はこれを承認する作業を行わなければならないわけですが…ここが今回問題になっている点なのです。

 

この承認作業は自身のAppleIDのパスワードを入力するかTouchID認証を利用することで行えます。ところが、現時点ではFaceIDは使えないことが判明したのです。

つまり、iPhoneXを使用している保護者は子供が何かをダウンロードしたがるたびに長いパスワードを入力しなくてはならないのです。これはものすごい手間です。

TouchIDに代わる新時代の機能として鳴り物入りで搭載されたFaceIDがまさか対応していないコンテンツがあるなんて、とユーザーは肩を落とすとともに憤慨している様子。

第三者の製作したアプリではTouchIDとFaceIDの間に特別な設定変更などが不要だったこともあり、これは寝耳に水といったところでしょう。

 

FaceIDはAppleが語る確率以上に誤解除が多い印象を受けます。そういったシーンを考慮してこのような対策をとったのかもしれませんが、ユーザーの手間が増えてしまっては元も子もありません。

AppleにはFaceIDの評判を落とさないためにもいち早く対応してほしいものです。

<情報元:AppleサポートコミュニティiPhoneHacks

<文:研究員A>