iPhone情報研究所

iPhone最新情報、iPhoneXの情報も

NEWS

Apple、バッテリーゲート問題について来年いっぱい特別対応を実施へ

2018年いっぱいは交換料金を大幅値下げ(ただしパフォーマンス抑制は止めない)

Appleは12月28日付けで公式サイト上に、意図的に端末のパフォーマンスを低下させたいわゆるバッテリーゲート問題についての謝罪と特別対応に関する文章を掲載しました。

A Message to Our Customers about iPhone Batteries and Performance(お客様へiPhoneのバッテリーとパフォーマンスに関するご案内)」と題されたメッセージでは、まず今回の問題について顧客から多くの意見が上がったこと、そしてAppleに対する評価が低下したことを理解しているとした上で謝罪をしました。そして、いくつかの誤解があるとしてその内容についても語っています。

要約すると、

・意図的なパフォーマンスの低下は古い端末の寿命を縮めるものではない

・機種変更促進のためのものでもない

・古い端末を長く使い続けるための措置である

とのこと。これは以前のコメントでも言っていたことですね。

 

そしてリチウムイオンバッテリーの特性上起き得る予期せぬシャットダウンについて科学的根拠を踏まえて説明、飽くまでもユーザーに不便をかけないための措置であることを繰り返しました。

最終的に、今回の問題を真摯に受け止め以下の3点を行うと述べました。

1.iPhone6以降の端末について2018年1月下旬から12月までバッテリー交換費用を引き下げる(米国では$79を$29まで下げるとのことなので日本ではおよそ3,300円程度になると見られる)。

2.2018年早々に、バッテリーのパフォーマンスに関する詳細なモニタ-ができるようになるアップデートを実施する。

3.パフォーマンス管理機能の改善や予期せぬシャットダウンに関する施策は今後も継続する。

 

今のところは日本ではアナウンスがありませんが、近いうちに発表があることでしょう。ユーザーとして把握しておかねばならないのは、Appleの姿勢として今後もユーザーのためにパフォーマンスの抑制は実施するという点です。

ともあれ、メーカーとして責任を取ることを発表したわけですから各地で発生している集団訴訟についても展望が変わってきそうですね。

<情報元:Apple>

<文:研究員A>

-NEWS

関連記事