LGディスプレイが今年後半からiPhone向けOLEDパネルの出荷を開始





NEWS

今年中に1,500万~1,600万枚を出荷の見込み

iPhone向けOLEDパネルが現状サムスンの単独受注になっていることを受け、リスクヘッジのための別のサプライヤー候補として名前が挙がっていたLGディスプレイですが受注を獲得したようです。

TheInvestorが業界筋からの話として報道した内容によれば、LGディスプレイは今年の後半からiPhone向けOLEDパネルの出荷を開始、今年中に1,500万~1,600万枚の処理を目指すそうです。

ちなみに、現唯一のサプライヤーであるサムスンはiPhoneX用OLEDパネルを月間1,000万枚以上出荷しています。

 

2社体制にしたことによる生産力の向上を考慮してか、OLEDパネルはそれぞれ対象をずらす模様。LGは6.5インチ用を、サムスンは5.8用ないし6インチ用に注力するとのことです。

なお、LGの2つの生産ラインによる生産力はそれぞれ月産600万=計1,200万枚/月と見込まれていますが、歩留まりの悪さもあり今年のうちはパワーを落として稼動させるようです。

<情報元:TheInvestor

<文:研究員A>