iPhone情報研究所

iPhone最新情報、iPhoneXの情報も

iOS NEWS

最新のiOS11.2.2ではiPhone6のパフォーマンスが40%低下することが発覚。でも更新しないと…

パフォーマンスは落ちてもアップデートは必須

先日、SpectreとMeltdownという過去10年間に開発されたCPUのほとんどが影響を受けるといわれている世界的脆弱性が発表され話題を呼びました(MeltdownはIntel製CPUのみ対象)。

このSpectreとMeltdownはソフトウェア側での対応が必要で、PCはもちろんスマートフォンやWebサーバーでも対応が必要となります。

Meltdownの修正についてはすでにiOSの更新にて対応されており、残るSpectreの脆弱性を修正したのがiOS11.2.2なのですが、この更新を行うと対象の機器のパフォーマンスが低下するとされています。

 

iOS11.1.2を搭載したiPhone6をiOS11.2.2にアップデートした場合のベンチマーク情報がこちら。

およそ40%程度の低下があることが確認できます。

 

しかし、Spectreの穴を突かれるとWebサイトのパスワードなど多くの個人情報が筒抜けになってしまいます。

そのため、情報元でも「パフォーマンスの低下があったとしてもiOS11.2.2には必ずアップデートするべき」であるとしています。iPhone5s以降の端末をご利用でしたら必ずアップデートをしておきましょうね。

<情報元:iPhoneHacks

<文:研究員A>

-iOS, NEWS

関連記事