iPhone6Plusを修理に出すとiPhone6sPlusになって返ってくる(…かも)





iphone6splus

iPhone6Plus在庫不足の影響か

Appleの社内文書とされる情報によると、iPhone6Plusの修理をAppleに依頼した際、端末の全交換が必要と判断された場合にはiPhone6sPlusが提供される場合があるようです。

この実質的なアップグレードは今年の3月末までの間起こりえるとされており、その背景にはiPhoneのバッテリーゲート問題に対応するにあたりiPhone6Plusのバッテリーが不足している件とも関わりがあると見られています。

Appleは現在、iPhone6Plusの生産をしていないという見方が多く、改めてiPhone6Plusの生産ラインを動かすよりは在庫のiPhone6sPlusを提供するほうが合理的だったのではないでしょうか。

この超法規的サービスがどうすれば適用されるのかや日本でも行われているかは不明ですが、3月末までの期間はもしかしたら予期せず端末のアップグレードが行えてしまうかもしれません。

<情報元:MacRumors

<文:研究員A>