iPhone情報研究所

iPhone最新情報、iPhoneXの情報も

iOS NEWS

iCloudのデータがGoogleにも置かれていることが正式に公表される

MicrosoftからGoogleに乗り換え

スマートフォンOS市場において大きなライバル関係にあるAppleとGoogleですが、Appleとサムスンの関係のように優秀なサービスにおいては契約を結ぶことはあります。

Appleが新たに公開したiOSセキュリティガイドでは、iCloudデータの保管場所にGoogle Cloud Platformの名が加わりました。

現在、iCloudの暗号化データが保管されているサードパーティストレージサービスとして名を連ねているのはAmazon S3Google Cloud Platformの2つ。

事前に完全に暗号化・分割されたデータは所有者に縁らず格納されるため安全という旨の説明が記載されています。

 

このセキュリティガイドは不定期に更新されているようで、現在公開されているのは2018年1月更新版。

その前の2017年3月版ではAmazon S3はそのままですがGoogleではなくMicrosoft Azureの名が記されていました。

どのような理由からGoogleへと乗り換えたかその意図は不明ですが、Googleの技術が向上したことを裏付けたといっても過言ではないでしょう。

 

なお、外部ストレージに保存されるデータにメディア以外のプライバシーにかかる情報が含まれているかや、いつからGoogleへと切り替わったかなどは公開されておりらず、現在のところ問い合わせに対するコメントもないそうです。

 

<情報元:The Verge

<文:研究員A>

-iOS, NEWS

関連記事