Appleが自社でディスプレイを開発および少量生産を開始しているとの噂





NEWS

OLEDよりも優れたMicroLEDパネルを開発中

2017年に同ブランド初となるOLEDパネル搭載のiPhoneXを発表したApple。そのOLEDパネルよりも省電力かつ高輝度を実現できるのが今回Appleが自社開発しているといわれているMicroLED技術です。

MicroLED技術の確立にはOLEDとは異なる発光体を用いる必要があるということもありAppleは1年ほど前からこの開発に着手、少数の生産を行いながら安定した供給を目指すようです。

 

実機投入には数年はかかると見込まれているようですが、各パネルサプライヤーは戦々恐々。それもそのはず、Appleがパネルを独自に製造してしまうと自社の売り上げの大多数を占める巨大な受注が泡と消えるのです。なお、この報道の後にジャパンディスプレイ(JDI)の株価は下落しています。

現在OLEDパネルの製造はサムスン一強状態ですが過去にはLGが参入するという話もありサプライヤーの分業体制が設置されると見られていました。

 

iPhoneXにおける発売当初の歩留まりを考えれば分業体制の設置は当然行われるでしょうが、それももしかすると数年の命なのかもしれません。

自社製造ならば原価も下げられるので端末価格を安く設定できるという利点もあり販売促進にも繋がるはず。今後の情報如何ではサプライヤー各社の経営状態が大きく揺らぐ可能性があります。

<情報元:Bloomberg

<文:研究員A>