iPhone情報研究所

iPhone最新情報、iPhoneXの情報も

iOS iPhone8

iOS11.3では一部機種でサードパーティ製の液晶が使用できないことが発覚

iPhone8は確定で動作不可

以前より非正規修理業者で修理を行ったiPhoneについてiOSのアップデートで不具合が生じることがままありましたが、iOS11.3でもまた発生したようです。

今回怒り心頭となっているのは非正規修理店でiPhone8の画面を交換した後にiOS11.3にアップデートしたユーザーたち。彼らはアップデートした途端に画面の操作が一切できなくなってしまったのです。

 

どうやらiPhone8は液晶と基板上のマイクロチップが紐付いているようでこの組み合わせが変更された場合に再度紐付けを行わないと、今回のようにタッチが使用できないということになってしまうのだそう。

そしてそのためのスイッチがiOS11.3にアップデートしたことでONになったというわけです。

 

冒頭でもお伝えしたとおりAppleがこのような措置をとるのは初めてではありません。過去にはiPhone6s等でサードパーティ製液晶(コピーパネル)を装着していた場合に操作ができなくなったり(iOS11.0.3で解消)有名なところではホームボタンを交換することで端末のアップデートや復元が一切できなくなる「エラー53」問題などもありました。

 

これらについてAppleは毎回「セキュリティの観点からの措置」だと回答するのですが、ユーザーからすれば高額な正規修理代を強制的に払わせようとしていると捉えるのは当然。集団訴訟に発展することも少なくありませんでした。

加えてアメリカの一部の州では「ユーザーが自由に修理を行う権利」を法で認めるという動きもあるため、このような「正規修理以外の禁止」にあたる事項は違法となる場合もあります。

今回の事象もiOSのアップデートで対応されるかは未だ不明ですが、既に液晶を交換してしまったユーザーはしばらく途方に暮れるしかなさそうです。

なお、iPhone8PlusやiPhoneXにも同じ現象が発生しているかは不明です。

<情報元:9toMac

<文:研究員A>

-iOS, iPhone8

関連記事