iPhone8 iPhoneX NEWS

iOS11.3、純正液晶でも修理後に一部機能が使えなくなることが判明

iPhone8、8Plus、Xが対象

先日、iPhone8をコピーパネルに交換した状態でiOS11.3を導入するとタッチパネルが全く反応しなくなるという事象をご紹介しました。

 

ですが今回報じられたのは純正液晶パーツでも発生し、しかも8、8Plus、Xの3機種で発生するというものです。

その内容とは、もともと取り付けられていたパネル以外のものが取り付けられると、コピーパネルか純正パネルかを問わず環境光センサーが無効になるというものです。

環境光センサーが無効になると明るさの自動調節が利かなくなります。一見すると大した影響はないように思いますが、スマートフォンにおいて最も電力を消費するのは画面です。その明るさ(=必要な電力)の調整が自動で行われないというのはかなり不便と感じる人は少なくないはず。

 

そして重要なのが、これを元の液晶に戻すと再び環境光センサーが使えるようになるということなんです。つまりこれはエラー53と同じようにAppleが意図的に仕組んだ機能制限である可能性が高いのです。

この流れはまた集団訴訟が起きそうな気も…。この行く末がどうなるのかが気になります。

<情報元:engadget

<文:研究員A>

-iPhone8, iPhoneX, NEWS

関連記事