2018年のiPhoneはさらに高価に?





iPhoneX

新機種は$1,100になる可能性

2017年、新たなiPhoneの始まりとして発表されたiPhoneXは最低価格$999と従来機と比較してもかなり高価であり、今一歩手が伸びないユーザーが多く存在しました。

実際、優れたスマートフォンであるとはいえ$1,000もの価値があるかは疑問とする声も少なくありません。その評判を裏付けるようにiPhoneの売り上げは1%減少しています。

 

この状態であれば次世代機は安価になりそうなものですが、Appleはそのような妥協はしない模様。なんと今年発売されるiPhoneXの後続端末は更に値を上げて$1,100となるようなのです。

どうやらAppleは戦略として、

・ハイエンドの機能を継承した低価格帯モデルを生産

・高級志向ユーザーにはやや価格を上げた新モデルを購入してもらう

・新機能を盛り込んだ高級路線に平行し、旧モデルを安価で販売、ローエンド市場へ放出

ということを考えているようです。

確かにこの戦略ならばロー、ミドル、ハイエンドまで広くApple製品を放出することが可能。iPhone=高いという印象を変えることも可能かもしれません。

 

なお、この更に高価なモデルの発売に合わせて現在のローエンドであるiPhoneSEが更に安価($300ほど)になる可能性もあるそうです。

<情報元:BusinessInsider

<文:研究員A>