Apple、iOS11.3の署名発行を終了。





iOS

更新可能なバージョンはiOS11.3.1とベータ版のみに

AppleがiOS11.3の署名発行を終了しました。これにより導入可能なiOSはiOS11.3.1とiOS11.4Betaのみとなります。

 

iOS機器ではOSインストールの際にAppleが発行している署名が必須となっています。

今回iOS11.3の署名発行を終了したことによりiOS11.3.1とbeta版以外のOSはインストールすることができなくなりました。

 

iOS11.3ではiPhone8、8Plus、Xにおいてサードパーティ製の液晶が使用不可能になるなど様々なユーザーへの不都合が発生しており、配信開始からおよそ1週間で修正版となるiOS11.3.1が配信されました。

なお、ベータ版は現在iOS11.4が配信されており、最新はBeta3となっています。

 

<情報元:iPhoneHacks

<文:研究員A>