iPhoneX NEWS

FaceIDが機能しないときはリアカメラを疑え?

前が駄目なら後ろを変えろ

ご存知のとおりFaceIDはフロントカメラ部のセンサーによってユーザーの顔を認識するという機能なのですが、FaceIDが故障した場合、原因がリアカメラにある可能性もあるのだとか。

最近Appleが正規修理店等に配布したマニュアルには「FaceID機能が故障している場合、リアカメラの修理で改善するかを確認する」というプロセスが含まれているそうです。

フロントカメラの機能になんでリアカメラが関係するんだろうと思いますが、海外掲示板Redditでは修理に出した際にAppleの店員から「フロントカメラとリアカメラは繋がっている」という説明を受けた人もいます。

 

なお、リアカメラの交換でも症状の改善が無かった場合にはフロントセンサー一式の交換で対応されるそうです。

故障したパーツと関係ないはずの機能が利用できなくなってしまうことが「最高の顧客体験」に繋がるのかはさておき、FaceIDが使えなくなってしまったという人はリアカメラをぶつけたなどの心当たりがないかを思い返してみてはいかがでしょうか。

<情報元:9to5Mac

<文:研究員A>

-iPhoneX, NEWS

関連記事