iphone7 iPhone7Plus NEWS

一部のiPhone7、iPhone7PlusでiOS11.3以降マイクが使用できなくなる不具合発生

マイクにつられてスピーカーも不可に

iPhone8でサードパーティ液晶が使用できなくなりユーザーを騒然とさせたiOS11.3。その問題は11.3.1で解消されましたが、その裏で一部のiPhone7、7Plusユーザーも大きなな問題にぶつかっていたようです。

 

iOS11.3を導入したiPhone7、7Plusユーザーを悩ませているのはマイクの問題。なんとiOS11.3以降でマイクが無効になってしまうのです。

マイクが無効になるとSiriもFaceTimeもボイスメモも使えません。そして通話もできません。携帯電話とは…。

 

また、この状態になると一部機能ではスピーカーも使えなくなるといいます。通話では「スピーカー」のアイコンがグレーアウトしてしまい、電話はかかるけれど双方何も聞こえない状態に陥るそうです。

残念なことにこのバグは11.3.1でも解消していませんが、Apple側ではこの症状と修理に関するプロセスが周知されているようで、この問題で持ち込まれた機種についてはまず診断を行い、「デバイスがドックを検出できませんでした」または「アクセサリがサポートされていません」というエラーが表示された場合には修理が実施されます。

なお、修理保証対象外の端末の場合もこの症状については例外的に対応するように指示されているようですから、無料にはならないまでも相談してみる価値はありそうです。

<情報元:Gizmode

<文:研究員A>

-iphone7, iPhone7Plus, NEWS

関連記事