液晶搭載iPhoneは今年まで。2019年からは全てがOLEDになるという報道。





NEWS

LEDの時代は終わりへ

iPhoneXから採用されているOLED(有機EL)。2017年発売のモデルではiPhoneX1モデルのみでその他2モデルは従来どおりLED(液晶)を搭載しています。

今年発売のモデルでは逆に1モデルのみLED搭載の廉価版となり、その他はOLEDモデルとなるという予測が挙がっていますが来年には全てがOLEDに切り替わるようです。

 

TheInvestorによれば、ある業界関係者は「Appleは来年は全てをOLEDにするだろう。彼らは画質や機能面でLEDよりも優れたOLEDに非常に満足している。」と話しました。

「AppleがiPhoneのラインナップを拡充するつもりがあればLEDモデルも登場する可能性はあるが、現状の3モデル体制にこだわるようであれば全てがOLEDモデルになる」としており、別の匿名情報源からも同様の内容が寄せられているとのことです。

メーカー目線であれば性能を追求する上で、より優れた製品であるOLEDを採用することも理解できます。しかしユーザーから見た場合に懸念されるのは端末価格および修理価格の上昇です。

より多くの生産数を発注することでコストの軽減に繋がると見られているものの、現状のLEDモデルと同程度の価格では提供することはできないでしょう。

<情報元:TheInvestor

<文:研究員A>