オーディオ カスタム

ハイレゾプレーヤーを自分好みに改造してみた!

613wzZcCRCL._SL1500_

はい、というわけで今回はオーディオの記事です。

 

Fiio X1をバージョンアップついでに改造してみた

Fiioという中国のメーカーが出している「X1」というハイレゾプレイヤーがあります。

コンパクトながら充分なパワーを秘めているこの子。

なんといってもポイントはその安さです。なんと約13,000円!

ハイレゾ対応ウォークマンは安くても20,000円以上しますからね。

個人的にはコスパ最強機種だと思っています。

起動した模様は以下の動画をご覧ください。

 

さて、スペックの話はこのくらいにして。今回、ファームウェアVer.1.6が公開されたのでバージョンアップすることにしました。

加えて、このファームウェアを改造して見た目を好きなように変えることが出来るんです!

なのでそれもついでに壁紙とブートアニメ、シャットダウンアニメの変更をやってみることにしました。

 


 

<重要>

改造は最悪の場合プレイヤーが使えなくなるリスクがあります。

以下で紹介する手順を実行した結果、いかなる問題が発生しても当方では一切保証できかねますのであらかじめご了承ください。


 

改造の準備

まず<コチラ>からファームをDLします。

Zipを解凍すると

001

こんな感じ。ここで使うのは「x1.fw」のみです。

 

次に<コチラ>からFW解凍圧縮ツールをDLします。

解凍して出来たフォルダにさっきの「x1.fw」をコピペしましょう。

すると

002

こんな感じ。

そして「unpack.dat」を起動してfwファイルを解凍します。

 

003

↑こんなウィンドウが開きますがほっとけばすぐ勝手に閉じます。

 

004

ウィンドウが閉じたら、「x1」というフォルダが出来ているはずです。

 

これで下準備は完了。

 

 

Let's改造

005

まずはフォントを変更してみましょうか。

好みの「TTF形式」フォントをDLしてきたら名前を

「msyh.ttf」

に変更して「fonts」のフォルダに移動、上書きします。

 

これでフォントの差し替えは完了。

注:新しいフォントは極力対応文字の多いものにしましょう。

JIS第一水準漢字・第二水準漢字まで対応しているものが望ましいです。

 

次に「lightgui」フォルダに入ります。

006

 

では上から順に…「boot_animation」を。

015

 

ブートアニメーションとは冒頭の動画の、起動時に円が描かれた後に「Fiio」の文字が出てくるやつです。

これ、動画じゃなくて全部1枚ずつの画像なんです。

bootは計44枚、shutdown時にも「See you!」というアニメがありますがこちらは計18枚。

もし差し替える場合には以下の約束事を守ってください。

 


◆ファイル差し替えの約束事

・ファイル名、拡張子は同じにする

・解像度は「320ピクセル×240ピクセル」にする


 

 

ファイル名はbootならば「boot0」~「boot43」まで、

shutdownなら「shutdown0」~「shutdown17」までです。

拡張子はいずれも「.jpg」。

今回は個人的事情でいずれも「ベヨネッタ」のムービーを流用することにします。

 

では次。

006

Fiio x1は6種類の色違いのスキンがもともと入っており、この「theme~」というのがそれぞれのスキンの中身になります。

この中の画像を差し替えることで、該当のスキンを本体から適用すれば自分好みの見た目になる、ということなのです。

 

007

で、これが「theme」フォルダの中です。

このうち、「bg」、「category」、「launcher」、「list」の4箇所を更新していきます。

※この先変更する画像は基本的にはすべて同一のものを用いることをオススメします。

 

まずは「bg」から。

008

ここは非常にシンプルです。「wallpaper.png」という画像が入っているだけです。

名前は「壁紙」ですが、画面切り替えのタイミングなどで一瞬だけ表示されます。

 

これを任意のものに差し替えましょう。「約束事」を忘れずに。今回の拡張子が「.png」なのも注意です。

 

次に「category」の中の「main」に入ります。

016

ここはメインメニューから「カテゴリ」を選択したときに表示される部分です。

ここの「bg.png」を差し替えましょう。

アイコンも変えたい方はここで任意のものに差し替えてください。

 

次は「launcher」。

009

ここが起動時に一番多く表示されるところでしょう。メインメニューです。

ここも「bg.png」を差し替え。アイコンも必要に応じて。

 

最後に「list」。

011

ここは楽曲リストの画面ですね。

「bg.png」、「bg1.png」をそれぞれ差し替えてください。

アイコンも必要n(ry

 

ひとまず差し替え完了!

これでひとまず壁紙の変更は終了です。

ついでなので、ブートアニメの前に出てくる「welcome」の表示も変えちゃいましょう。

012

「x1」フォルダの先頭に「logo.bmp」というのがありますのでこれを任意のものに差し替えましょう。

ただし!これは「32ビット」のビットマップでないと表示できません。画像を作成する際には注意しましょう。

 

 

後処理とFW更新

一通りデータをいじったら、もう一度fwファイルに圧縮しましょう。

004

↑ここに戻って「pack.dat」を起動すればOK。新しい「x1.fw」が生成されます。

もし古い「x1.fw」がフォルダにあっても自動で上書きしてくれます。

 

で、生成された「x1.fw」をFiio x1で利用するmicroSDのルートフォルダにコピーします。

014

 

ルートフォルダ=一番先頭です。開いてすぐのところですね。

 

そうしたらSDを本体に戻してFWを更新しましょう。

更新の手順は「左上のショートカットキーを押しながら電源を入れる」だけです。

※画面が汚いのは本当にすみません。

ご覧の通り、1分も掛からずに完了しました。

 

頑張ればかなり細かく改造できるかも

今回はフォントと壁紙の変更が主でしたが、それ以外にも結構色々弄れそうです。

モチベーション次第ではもっとグッと自分好みに仕上げられそうですね。

 

【参考サイト:Kotyan Life様】

-オーディオ, カスタム