iPhone情報研究所

iPhone最新情報、iPhoneXの情報も

iphone7 iPhone8 NEWS 豆知識

【注意】よくある勘違い。”防水”のiPhoneは存在しません。

過信が取り返しのつかない事態を生む

今年も夏が来ましたね。海に行かれる方も多いことでしょう。浜辺や浅瀬でiPhoneを使って写真を撮るような方もいるでしょう。

ですがこの勘違いだけは正していただきたい。iPhone7もiPhone8もiPhoneXも完全防水スマホではありません

 

いやいや、AppleもCMでバシャバシャ水かけてるじゃんと。確かにそうなんですが、そもそもiPhoneが取得しているIP67という等級が保証しているのは完全防水・防塵ではなく防浸・防塵です。

防浸とは一定時間、一定の圧力の水に浸しても動作に支障が起きないというもの。ここにおける水とは多くの場合真水を指し、海水などの混ざり物がある液体は考慮されていません。

また、水没はほとんどの場合で落下の衝撃が追加されます。この衝撃については試験では考慮しません。つまり衝撃でパーツのかみ合わせがずれたり破損することによって内部に液体が侵入してしまった場合には、端末内部が試験が想定する以上の長時間液体に浸されてしまい故障する可能性が充分にあるということです。

このとおり、Appleは端末の耐水性を多大に広告しながらも液体による損傷は保証対象外と規定しています。そして公式には「防水」という言葉を全く用いていません。

iPhoneが持ち合わせているのは飽くまでも水を防ぐ機能ではなく水に耐える機能です。二度と電源が点かなくなっても誰も助けてはくれません。水場に持っていく場合には必ずリスクを把握した上で使用しましょう。

<文:研究員A>

-iphone7, iPhone8, NEWS, 豆知識

関連記事