iPhoneのバッテリー寿命を延ばすために注意すべき5つのこと





NEWS

スマートフォンを使用していく中でついて回るバッテリーの寿命問題。

特にiPhoneの場合にはバッテリーが交換式ではないため、修理に出す場合を除けばバッテリーの寿命はそのまま端末の寿命であるとも言えます。

そこで今回はより長くバッテリーを活かすために、普段から意識して起きたい5つのことをご紹介します。

 

1.たまに電源を切ってバッテリーを休める

スマートフォンの特性上、電源を意図的に切るという人は少ないはず。電源を切るタイミングって多くの場合が端末のフリーズなど何らかの異常を感じた場合だと思います。

特別、操作をしていなくても電源が上がっていればバッテリーは常に働き続けています。できればたまには休息を与えてあげてください。

 

2.極端な温度変化を避ける

iPhoneに使用されているリチウムイオンバッテリーは極端な温度が非常に苦手です。

例えば高温になれば熱暴走を起こしてデバイス全体を故障させる可能性がありますし、低音状態になればパフォーマンスが低下してフリーズや電源落ちがどうしても発生します。

特にその温度が極端に変化するような環境、例えば冬の冷えた自室から風呂場へ持ち込むなどの状況は極力避けましょう。

 

3.ワイヤレス充電ばかり行わない

iPhone8/8Plus/Xから採用されたワイヤレス充電ですが、こればかりを利用することはお勧めしません。

Lightningケーブルを使用した有線充電ではその供給される電力が端末の駆動をサポートしますが、ワイヤレス充電の場合には端末はバッテリーで駆動させつつ充電のみを行うため、比較してバッテリーの稼働が多くなり劣化を早める可能性が高まります。

 

4.損傷したコードで充電を行わない

充電ケーブルは消耗品です。どうしても日々使っていると端子の根元などが劣化してきて皮膜が裂けたりしてしまいますが、充電できているからといってこれを使用し続けることは避けましょう。

発火の可能性があることはもちろん、端末に異常な電気が流れて破損させてしまう可能性があります(もちろん充電ケーブルに限らずアクセサリ類も同様です)。

 

5.極端に安価だったり非認証品のアクセサリを使用しない

充電アダプタやケーブルには純正品とは比較にならないほど安価なものが存在します。一見魅力的に感じますが、iPhoneが大切ならばこういったものを使用することは控えましょう。

安価なアクセサリは通電における的確な設計をされていなかったり、設計は問題なくとも製造環境が劣悪で内部が破損した状態で販売されていることが少なくありません。

当然これらのアクセサリは異常発熱、発火、故障を引き起こす可能性が高く、こういった被害についてはAppleも保証をしてくれません。

純正品かMfi認証を受けているもの、そうでなくともメーカーに信頼がおけるもののみを使用しましょう。

 

<情報元:iDropNews

<文:研究員A>