NEWS

Apple、インドでの販売シェアは更に低下。ついに1%に。

第2四半期はわずか1%

Appleの売り上げがいまいち伸び悩んでいるのは先日の情報の通り。その際は2017年第4四半期で2.5%というものでしたが、最新の2018年第2四半期ではなんとわずか1%まで落ち込んでしまったようです。

 

Counterpoint社のデータによれば、トップのサムスンは堅実に5%の上昇、第2位のXiaomiは12%増でサムスンにわずか1%差まで迫っています。第3、4位はほぼ横ばいで第5位のHuaweiが2%増となりました。

Appleはその他に括られ、上位5位との差は決定的。経営陣の相次ぐ退職など低迷するインド戦略ですが果たして巻き返しができるのでしょうか。

 

<情報元:Counterpoint

<文:研究員A>

-NEWS

関連記事