NEWS

Apple、2019年も液晶採用のiPhoneを継続へ方針を変更

iPhoneXの売れ行きから計画を変更へ

 

かねてより液晶を搭載したiPhoneが発売されるのは2018年までで2019年からはすべてOLED搭載に切り替わるとされていましたが、Appleはここに来て計画を変更したようです。

 

phoneArenaによればAppleはこのたび、2019年の新iPhone向けにLGDisplayへ液晶の発注を行ったようです。

その方針転換の要因としては鳴り物入りで発売したiPhoneXがその高価ゆえに想定ほどの売れ行きを見せなかったことがある模様。

どうしてもOLEDはLCDに比べて原価が高価になるため必然、端末代も高価となります。iPhoneXの売れ行きやインドでの格安Android端末の伸びなどを考慮することで安価な液晶搭載モデルを継続する価値があるという判断にいたったようです。

2017年までとは異なり今年はLCDモデル1台、OLEDモデル2台の計3モデルラインナップになるとされていますのでこの売れ行き次第では更なる方針の見直しも有り得そうです。

<情報元:phoneArena.com

<文:研究員A>

-NEWS

関連記事