iPhoneXRにケタ外れの期待集まる 出荷台数は10月中に2,000万台





iPhoneXR

iPhone XS Maxの4倍以上

 

今年の新iPhoneの中で唯一発売が遅れるiPhone XR。他2モデルに比べて価格が安いということもあってか最も売れるとみられています。

 

Appleとしてもそのつもりのようで、とある関係者の話では発売当月である10月中に2,000万台の出荷を見込んでいるのだそうです。

今年の最上位モデルであるiPhone XS Maxはおよそ400万~500万台/月の出荷になると予測されていますが、iPhone XRはその4~5倍ということになりますのでAppleがiPhone XRにかける期待の高さが伺えます。

iPhone XS・XS Maxは発売後比較的早いうちに売れ行きが減速すると見られていますがiPhone XRは来年初頭まで勢いは続くだろうとされており、新iPhone3モデルの売れ行きのうち50%を占めるとも。

 

iPhone XRはiPhone5C以来の多色展開で選択の幅も広く、今年唯一の10万円を切るモデル。

果たしてiPhone6のような爆発を起こすことができるのでしょうか。

 

<情報元:DigiTimes

<文:研究員A>