Apple、クレーム対応のためベーグルの絵文字にクリームをはさむことを決定





NEWS

そんなことでクレーム入れなくても…

Appleの絵文字チーフオフィサー、Jeremy Burge氏がiOS12.1よりベーグルの絵文字にクリームをはさむことを自身のTwitterで明らかにしました。

 

 

現在iOSに搭載されているベーグルの絵文字は下図のとおり、何もはさまれていないシンプルなもの。

ところが、なんとこれにクリームチーズなどのトッピングがされていないことにクレームが付いたそう。なんて細かいことを気にするんだ、と思ったのはAppleも同じはず。

しかしベーグルにクリームチーズがはさまれていないことに言及したのは消費者だけではありませんでした。

クリームチーズメーカーとして有名なフィラデルフィアもクリームチーズのないベーグルを「SadBagel(さびしいベーグル)」だとして消費者へアンケートツイートまで行う始末。

差し当たり、AppleはiOS12.1からベーグルにクリームチーズをはさむことを決めました。

Burge氏は「これが新しいベーグルの絵文字の詳細だよ。これで幸せかいニューヨーク?」と皮肉を飛ばします。

半分ヤケのような対応とはいえ新たなベーグルはかつてのものにクリームチーズをはさんだだけではなく、より写実的にリメイクされており一見写真かとも思えるような仕上がり。

Burge氏は「Appleのかつてのベーグルは”ベーグル”という概念を伝えるのに全く問題のないようなデザインでした。新たなベーグルは間違いなく、より美味しそうに見えます。」と一連のツイートを結びました。

 

<情報元:iDropNews

<文:研究員A>