【非バグ技】コピペだけで安全にホーム画面のフォルダ名を空白にする方法





豆知識


通常は何らかの文字を入れなければいけないホーム画面のフォルダ名ですが、これを空白にする方法が紹介されていました。

この技はバグを利用したものではないため安全で、かつAppleから対策されてしまうこともほぼ考えられないため非常に汎用性の高いものとなっています。

 

スペースだけのフォルダ名にはできない

ご存知のとおりiOSではホーム画面上のアプリをフォルダ分けすることができます。

「ゲームアプリ」「写真関係」「いるもの」「いらないもの(やはりプリインストールのアプリとかが多いんでしょうか)」など分け方は人それぞれ。

 

ところで、世界中のユーザーの中にはホーム画面をよりすっきりと見せたり背景の画像を良く見せたいと考えている層が存在します。アプリはジャンルで分け、極力アイコン数は少なくスマートにしたい。

しかしそんな人々の思惑を邪魔するのがこの「フォルダ名」なのです。

 

このフォルダ名、必ず何らかの「表示される文字」をつけなければならず、未入力の状態やスペースだけの入力をするということができません(これらで確定しようとすると変更前の文字が適用されます)。

”ああ忌々しいフォルダ名め…お前さえ消えてくれれば理想のホーム画面に近づくのに…”

今日はそんなあなたに朗報です。なんとコピペだけでフォルダ名を消す方法が発見されたのです。

 

「空白」を表す特殊文字

こちらは私のiPhoneのホーム画面。私も基本的にアプリはフォルダにすべて分けてしまうタイプなのですが、各フォルダの下に表示されるべき(あの忌々しい)フォルダ名が表示されていないことがお分かりでしょう。もちろん画像の加工なんてしていませんよ。

こう見えてもこのフォルダ名にはちゃんと文字が入っているんです。

 

実は電子における文字の世界には世界で使われる各言語文字や記号、数字の他にも特殊文字というものが存在します。皆さんおなじみの絵文字もこれにあたるわけですが、この特殊文字の中には「空白」を表す文字というのがあります。

それが

{⠀}

{⠀}

です。

空白を意味するのでもちろんかっこの中は何も見えないでしょうが、これはユニコードのU+2800というれっきとした文字。

文字なので当然スペースとは違います。よってiOSのフォルダ名をつけるときもスペースとは認識されずきちんと確定させることができるんですね。

さらにバグを利用しているわけではなくあくまでも文字を入力しているだけなので安全ですし

、Appleが対策をしてくることもほぼ考えられません。

 

しかし残念ながらこの特殊文字をキーボードの入力操作で入力することができません。

改めてこの空白文字を記載しますので以下のかっこの中をコピーしてフォルダ名につけてあげてください。

 

{⠀} {⠀}

 

2種類記載していますのでどちらかで上手くいかなかった場合にはもう片方で試してみてください。

 

それではあなたも良いホーム画面ライフ(?)を!

<情報元:iDropNews

<文:研究員A>