iPhoneが映像業界にもたらす革新





iPhoneXS/XS Max

iPhone XS Maxのみで撮影されたCM

映像ディレクターのMartin Moore氏が自身のYoutubeチャンネルで公開したとあるCMが話題に。

 

 

このCMはオーディオメーカーKOSSのヘッドフォンをアピールするためのCM。

そして動画のタイトルからわかるとおり、すべてiPhone XS Maxのみで撮影されているのです。

 

動画を観れていただければおそらくあなたも同じ感想を抱くと思いますが、事前情報がなければとてもiPhoneで撮影した映像とは思えないでしょう。

 

 

過去、iPhoneのみで撮影された映画はいくつか公開されてきました。

 

ゆえにiPhoneにおける動画撮影機能はかなり優秀であるということは世界中がすでに知るところ。

しかし改めてその仕上がりを目の当たりにすると、やはりスマートフォン単体で撮影されたなんて信じられないという気持ちが湧き上がってきます。

 

 

通常、映画や動画を撮影するための機材というのは多く、重く、非常に高価というのが当たり前でした。

しかし今回Moore氏はiPhone XS Maxと3軸ジンバルだけでここまでのクオリティの映像作品を生み出すことに成功したのです。

そしてこれは映像業界において当たり前とされていた多くて重くて高いという3つの難点をiPhoneがクリアしてしまうという証明にもなりえます。

特に価格においてはいくらiPhone XS Maxが高価なスマートフォンだとはいっても、プロ使用の機材に比べれば安価な部類に入るでしょう。

 

実際、iPhoneで撮影されているとわかった上で見ると明るさの調整にやや遅延が発生してしまっているという粗はありますが、それでも初見で違和感を感じるほどではなかったと思います。

 

iPhoneは毎年カメラ機能の向上に力を入れています。もしかしたら近い将来、iPhoneで商業作品を撮影することが当たり前になる日がくるのかもしれません。

 

<情報元:Cult of Mac

<文:研究員A>