AppleがQualcomm従業員の引き抜きを画策か





NEWS

サンディエゴでワイヤレスモデムに関するエンジニアを募集開始

 

ライセンス料を巡って長らく法廷での争いが続いているAppleとQualcomm。

一向に決着の気配さえ見えませんが、AppleはQualcommのエンジニアを引き抜くつもりのようです。

 

この訴訟についてはQualcomm側がiPhoneの海外への出荷停止を求めるなどかなりえげつない手段まで使われているのですが、Apple側も負けじと対抗策を打ち出しました。

 

Qualcommのお膝元であるサンディエゴにて現在Appleはモデムチップに関連するエンジニアを募集しています。

そもそもApple自身はモデムチップを自社開発したいと考えており、そのためのエンジニア募集であることは間違いなのですが、わざわざサンディエゴでそれを開始したのは明らかにQualcommへの当てつけでしょう。

 

現在は脱Qualcommを実現し、モデムチップの生産をIntelのみに絞っていますがこの募集が実れば自社開発も遠くないのかもしれません。

<情報元:MacRumors

<文:研究員A>