Qualcomm、iPhone XS/XS Max/XRの販売停止も要求





NEWS

中国におけるiPhone Xまでの販売停止命令に異議

 

先日、中国においてiPhone6s~iPhone Xまでのデバイスが販売差し止め命令を受けた件で、Qualcommが新たにiPhone XS/XS Max/XRの販売差し止めも要求する構えであることがわかりました。

 

つい先日、Qualcommが所有する2件の特許に違反したとして、中国の知的財産を管轄する裁判所から、Appleに対してiPhone6s~iPhone XまでのiPhoneが販売停止処分となりました。

人口の多さから中国市場を重くみているAppleには大打撃かと思いきや、特許を侵害したのは内部のソフトウェアであるiOS11で、現在出荷されているiPhoneについては特許を侵害していないiOS12を搭載しているため販売停止処分の範疇ではないとしてiPhone7/7P/8/8P/XS/XS Max/XRについては販売を継続しています。

 

これを受け、Appleに致命的な攻撃を与えたと思っていたQualcommは追撃に躍起になっている模様。改めてiPhone XS/XS Max/XRについても販売差し止め請求を行う予定であるとのことです。

Appleの観点ではiOS12に特許違反はないようですが、Qualcommがどのような理由で最新モデルの販売停止を要求するのでしょうか。

 

<情報元:MacRumors

<文:研究員A>