Apple、中国向けに小規模なOSアップデートを予告





iOS

Qualcommの特許に関する対策

 

先日中国にてiPhone6s~iPhone Xが輸入・販売差し止め命令を受けた問題で、Appleが中国内限定でiOSアップデートを実施することがわかりました。

 

販売差し止め命令はiOSにおける技術がQualcommの保有する2件の特許に違反するために下されたもの。

Appleは最新版であるiOS12についてはこれに違反しないとしていましたが、「現時点で販売しているiPhoneについては特許を侵害していないと確信している」としながらも「中国向けにこの特許に対応するためのマイナーアップデートを実施する」と発表しました。

 

一方、Qualcommは販売差し止めの対象ではなく初期出荷時からiOS12を搭載しているiPhone XS/XS Max/XRについても輸入および販売の停止を求める動きを見せており、泥沼化の進行は避けられなさそうです。

 

<情報元:9to5Mac

<文:研究員A>