iOS12.1.2、やはり特許問題に対応していた





iOS

中国版リリースノートにて対策の記載を確認

 

先日公開されたiOS12.1.2。これには中国内でAppleがQualcommの特許を侵害しているとの判決を受けた件の対策が盛り込まれていると見られていましたが、日本やアメリカではリリースノートにそのような記載は確認されていませんでした。

しかし中国内のリリースノートには特許違反に関連する一部機能の修正が追記されていることが判明。

やはりまだろくにベータ版も出ていなかったiOS12.1.2がこのタイミングでリリースされたのは中国での判決が原因だった模様です。

 

なお、中国版のリリースノートに追記されていたのは

・アプリケーションを閉じる際の新アニメーションを実装

・連絡先と壁紙設定時のシェアシートを更新

の2項目となっていました。

 

<情報元:MacRumors

<文:研究員A>