中国企業でApple製品のボイコットが横行 一部では罰金も





NEWS

Huawei製品を購入すると補助金

 

不正にデータを収集しているとして現在アメリカを中心にアンチHuaweiの活動が活発化。

その結果、Huaweiの副会長がカナダへ渡航した際にアメリカ政府の要求で副会長が逮捕され、反対に中国政府は国内のカナダ人を逮捕するといった国家間の争いとなっています。

 

それを受けて国民の間にも反アメリカ意識が生まれている様子。アメリカ企業であるApple製品を所持する社員に処罰を与える企業が増えているそうです。

 

ITから食品業界まで数百社を超える中国企業で現在、「Huaweiを応援するため」としてHuaweiのスマートフォンを購入した従業員へ平均で購入金額の10~20%、多い場合では全額を補助金として支給したり、社内管理のデバイスをHuawei製に切り替えるといった施策が行われています。

 

またHuaweiの売り上げ促進と合わせて、Huaweiの本拠地である深センのある企業では従業員のApple製品を没収したり、従業員のボーナス査定にApple製品の利用有無を反映させたりとかなり厳しい強制的ボイコットが行われています。

 

Qualcommの特許に違反した件で現在Appleは中国市場での立ち回り方を検討している最中ですが、その中でのこの多大規模な不買運動はかなりの痛手になりそうです。

 

<情報元:NikkeiAsianReview

<文:研究員>