オーディオ

VentureCraftの最新DAP 「VALOQ」機能面と操作性

前回に続き今回もVentureCraftの最新DAP 「VALOQ」についてです。

logo

valoq_logo

valoq

 

機能面と操作性について

本体側面にジョグダイヤルと戻るボタン、上面にボリューム兼スイッチがあります。

スイッチとボリュームが連動していますが、再生もせずしばらくすると

シャットダウンする機能があるので万が一の切り忘れていざという時に

電池切れということもありません。

2015-12-19 17.08.22

 

私はこのように設定しました。

「ドライブの初期化」という項目で、本体のみでMicroSDの初期化が可能です

他にもライン出力(音量固定)も可能なので、その先に別でアンプを挟もうと

している方には必須の機能です。

ボリュームはしっかりとしていてポケットの中で勝手にボリュームが上がったり

下がったりすることは少ないと思いますが、設定で画面ロック中のボリューム

操作無効というものもあるのでどこにでもしまって持ち運べます。

 

ジョグダイヤルと戻るボタンの操作について

選曲時の上下操作と押し込みで再生ができます。

再生中にジョグダイヤルを上下すると巻き戻し、早送り、押し込みで停止となっていますが、

押し込み2回で次曲、3回押しこみで曲始めへ、そのままもう3回押しこむと前曲に移動します。

押しっぱなしでサブメニューが表示され、各設定が可能です。

2015-12-19 17.15.48

 

戻るボタンに関してはそのまま再生中であればリスト表示、リスト表示からメイン画面に

戻ります。押しっぱなしで一気にメイン画面まで戻ります。

 

アップサンプリング機能について

前回も説明しましたが今回の売りというか目玉機能です。

CD音質(44.1kHz/16bit)を192kHzや384kHzのハイレゾ音源にしてくれます。

細かい説明は抜きにしますが、ちゃんと音源に合わせて整数倍

(44.1kHz→176.4kHz→352.8kHz)としてくれますので安心ですね!

深度(16bit→24bit→32bit)に関しては個別に設定できるようです。

○○○kHzと○○bitが音楽の何を意味しているのかわからない方もいると思いますが、

kHz→低音から高音までの幅の広さ

bit→1秒あたりの音の情報量

といった感じで覚えておくと楽かもしれません。

 

イコライザ

2015-12-19 17.22.18

 

5バンドタイプのイコライザで-6db~+6dbまで可能。

 

3.5mmジャックと2.5mmジャック

イヤホンやヘッドホンを接続する部分です。

3.5mmは一般的な規格で、普通のイヤホン・ヘッドホンはこちらです。

2.5mmはバランス接続と言われるオーディオ好きには常識といえば

常識な接続方法です。

バランス接続の詳しい内容は以前に私用で作った記事があるので

そちらをご参考にください。

2.5mmジャックはAK準拠のピン配列です。

 

ざっくりこんな感じです。

次はお待ちかねの方もいると思いますが、オペアンプの交換について

触れてみようと思います!

-オーディオ